はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻るお問合せ

新専門医制度 兵庫民医連 総合診療専門研修プログラム

研修医のみなさんへ

 私たちのプログラムは4年間の研修終了後に、中小病院や診療所で総合診療専門医として質の高い医療活動ができることを目標にしています。

 われわれの考える総合性とは、複数臓器疾患のマネジメントだけでなく、患者さんとその周囲の人たち・状況を把握すること、医療の中と医療の外(地域・職場・介護福祉・教育・行政など)と連携しながら患者さんの幸福・健康・価値を追求することによって、患者さんが生活し社会参加していくのを支援することです。

 患者さんの検査値をよくするのでなく、患者さんの笑顔をつくるために、当プログラムに来てみませんか。

尼崎コース

 尼崎・宝塚エリアは中規模都市で、南の工場地帯と北の工場地帯、貧困と裕福がグラデーションをなしている地域です。身体的・心理的・社会的・意味的に複雑を極める“カオス”な事例に出会う日々です。ここで経験すれば、複雑困難事例にぶつかった時にファイトが湧くようになります。ボケをかます患者さんにツッコミを入れる力もつくかもしれません。

 宝塚では、直接の後方病院がない診療所で、医療生協らしい地域づくりにかかわっていきます。都市部の医療・健康問題をギュッと味わえこれぞbio-psycho-socialな体験!ぜひこの地で、家庭医療を深めてみませんか。また兵庫県北部の医療過疎地域であるろっぽう診療所で、太平洋瀬戸内海ベルト地帯と日本海という、まったく異なった地域風土の医療を経験します。

 医療生協という法人組織は、地域住民が組合員となり出資金を拠出して運営しています。組合員は健康づくりのための学習会や街角健康チェックなどの様々な活動を行っており、地域の健康づくりを進めていくリソースとなっています。EBMや予防医療を重視した臨床能力を持ち、地域の保健医療活動への参加を重視し、患者中心の外来医療、在宅診療、保健予防活動をバランスよく行える家庭医療専門医に必要な能力の獲得を目指します。

 また、後輩の身近な指導者として学習中心の臨床教育を実施できること、臨床疫学、行動科学、地域指向性プライマリケアにかんする基礎的能力の獲得により地域の健康問題に科学的な視点でアプローチできることを目指します。内科、小児科、救急の領域以外産婦人科、整形外科、皮膚科、精神科領域の研修が可能なプログラムです。

(尼崎コースプログラム統括責任者 東 一)

モデルローテーション

4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
後期研修
1年目
尼崎医療生協病院or耳原総合病院
内科(6ヶ月~12ヶ月)
後期研修
2年目
耳原総合病院 尼崎医療生協病院 尼崎医療生協病院
救急 小児科 総合診療専門研修Ⅱ
後期研修
3年目
良元診療所orろっぽう診療所
総合診療専門研修Ⅰ(6ヶ月~12ヶ月)
後期研修
4年目
尼崎医療生協病院 尼崎医療生協病院
その他(1コマ3ヶ月) 総合診療専門研修Ⅱ

※ 本研修PGの研修期間は4年間としていますが、修得が不十分な場合は修得できるまでの期間を延長することになります。

神戸コース

 神戸コースは神戸協同病院と東神戸病院を主病院とし、いたやどクリニックと神戸市西部地域の中核病院である神戸市立医療センター西市民病院の協力を得て実施する4年間の研修プログラムです。

 大都市であるが故に都市内の過疎化や高齢化の問題を内包し、結核を始めとした都市部特有の健康問題も抱えている地域の医療を担っている当病院群で、救急と外来、入院では急性期から慢性期まで対応し、緩和医療・リハビリテーション・NST・訪問診療も含めた総合診療研修を構成しています。また近隣の医療・保健・福祉機関と連携して、介護施設等も含めた周辺地域の医療と介護への支援も行います。地域の方々への予防保健や健康増進といった一次予防についても専攻医にリーダーシップを執って活動していただきます。高齢者だけではなく、若い世代の貧困層にも目を向け、海外からの移住者が抱える健康問題や町の工場などで働く方々の健康問題などにも国際医療や公衆衛生学的視点から取り組む多様な医療保健活動も包括しています。

 平成30年度からは新専門医制度開始に合わせて、公立豊岡病院・公立浜坂病院とも連携して『総合診療専門研修プログラム神戸コース』をスタートさせます。“兵庫”民医連との見地から兵庫県内の医療過疎地域も視野に入れ、都市部と非都市部の医療資源へのアクセスが困難な方々への医療・福祉・健康増進を包括的に対応できる医師の要請を目指します。さらに神戸大学大学院等との臨床疫学共同研究を通じ、scientificな研鑽も積んでいただく予定です。

(神戸コースプログラム統括責任者 松尾直仁)

モデルローテーション

4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
後期研修
1年目
神戸協同病院 いたやどクリニック
総合診療専門研修Ⅱ 総合診療専門研修Ⅰ
後期研修
2年目
神戸西市民病院
内科 救急科 小児科
後期研修
3年目
豊岡病院 浜坂病院
内科 総合診療専門研修Ⅰ
後期研修
4年目
東神戸病院 東神戸病院 東神戸病院
選択:緩和ケア 選択:精神科 総合診療専門研修Ⅱ

※ 西市民病院/豊岡病院の内科研修は尼崎医療生協病院になる場合もある

※ 浜坂病院の総合診療専門研修Ⅰは、日高医療センター又は朝来医療センターになる場合もある

募集要項

プログラム名
  1. 兵庫民医連総合診療専門研修プログラム 尼崎コース
  2. 兵庫民医連総合診療専門研修プログラム 神戸コース
研修期間
2018年4月より4年間
募集定員

兵庫民医連総合診療専門研修プログラム 尼崎コース(募集定員1名)

兵庫民医連総合診療専門研修プログラム 神戸コース(募集定員2名)

応募資格
2016年4月に医師免許を取得し、2018年3月に初期臨床研修を修了見込みの医師
応募手続
応募手続きは下記を郵送にてお送り下さい。
応募先
尼崎コース

尼崎医療生協病院 研修担当 池田進一

〒661-0033 尼崎市南武庫之荘12-16-1

TEL06-6436-1701 / FAX 06-6436-0156

メール:kensyuu-dr.room@amagasaki.coop

神戸コース

神戸協同病院 医局 中村健二

〒653-0041 神戸市長田区久保町2丁目4-7

TEL078-641-6211 / FAX 078-641-0284

メール:ikyoku@kobe-iseikyo.or.jp

選考方法
出願書類、面接、筆記試験(ポートフォリオ)など
選考日
後日案内します。

処遇

身分 常勤職員
給与

月額:1年次(卒後3年目) 462,700円

   2年次(卒後4年目) 502,200円

   3年次(卒後5年目) 533,300円

諸手当

当直手当、通勤手当、時間外手当、

夜間診療手当(1回につき5,000円)

賞与 年3回(夏・冬・年度末)
休日 4週6休、有給休暇、夏季休暇、年末年始等
保険 社会保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、医師賠償保険 等完備
宿舎 有り(病院より貸与) 家賃は個人負担(住宅手当12,000円)
その他 学会参加→ 参加費、交通費、宿泊費等を保障し、年間20万の上限有り 採用された後期研修医に対して、引越費用を実費支給

お問い合わせ

兵庫県民主医療機関連合会 医師担当 中(なか)

〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7

TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353

メール:ishi@hyogo-min.com

見学のお申し込み
「後期研修病院見学申込書」に必要事項をご記入の上、メールへ添付してご応募ください。
後期研修病院見学申込書(Excel)
お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで  E-mail kenren-hp@hyogo-min.net
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353